大阪市中央区 税理士、大阪市北区 税理士、大阪市西区 税理士、平野区 税理士、浪速区 税理士、八尾 税理士、東大阪 税理士、東成区 税理士、西成区 税理士、住之江区 税理士、阿倍野区 税理士、鶴見区 税理士、大正区 税理士、福島区 税理士、此花区 税理士、都島区 税理士、淀川区 税理士、西淀川区 税理士、東淀川区 税理士、旭区 税理士、天王寺区 税理士、生野区 税理士、住吉区 税理士、東住吉区 税理士、税務調査 税理士、大阪市 税理士、布施 税理士、堺市 税理士、門真市 税理士、松原市 税理士、城東区 税理士、日本政策金融公庫、大阪市信用金庫 店舗、大阪信用金庫 店舗、東税務署、西成税務署、東大阪税務署、生野税務署、個人事業 節税、住宅ローン、電子定款 大阪、個人事業 経費、介護事業 決算、中古車販売業 決算、税理士セカンドオピニオン、美容業 決算、人材派遣業 決算、会社をつくって節税、中古車輸出業 決算、リフォーム業 決算、飲食業 決算、

記帳込で決算料金4万円から税理士報酬を実現しました。

税務調査の流れ

税務調査の流れ

 一般的な税務調査の流れについて説明します。

 ①税務署から顧問税理士あるいは会社に連絡が入る

           ↓約2週間から1ヶ月

 ②税務調査(通常は、2日間)

           ↓

 ③修正申告

 というのが一般的な流れです。ただ、現金商売の場合は、何か不正をして
いる可能性があると見られた場合は、①は省略されて、突然調査に来るって
いう場合もあります。業種としては、バー、キャバレー、パチンコ店、飲食店などが事前予告ナシに抜き打ち調査が行われる可能性が高いです。

 また①から②の間に、調査まで何の準備をせず、当日を迎えるのはよく
ありません。準備するものとしては、次のようなものが考えられます。

  A.決算申告書一式(3年分)
  B.総勘定元帳
  C.請求書、領収書
  D.現金出納帳
  E.通帳3年間分全て
  D.稟議書
  F.各種契約書
  G.給料明細書
  H.会社のパンフレット

  などが考えられます。

  さらに、この間に、顧問税理士とどこが指摘されそうか、事前に検討
 し、それに対してどう答えるか事前の打合せをしておくことが重要にな
 ります。そうでないと思わぬ指摘をされて多額の追徴税額が発生すること
 も有り得ますので、充分注意して下さい。

 ②の税務調査当日ですが、調査官は、通常1人ないし2人がきます。
 
  1人で来た方がまだやりやすいです。2人だと、両方からそれぞれ質問 されますので大変です。2人ですから見られる箇所もそれだけ多くなって
 しまい、リスクが高まります。

  初日の午前中は、会社全体の概略をヒヤリングされます。初日の午前中
 ですから社長が対応されるのがよいと思います。その際、社長の経歴や業 界の状況なども聞かれますので、あらかじめ準備しておいた方がよいで  しょう。ただ、ここでもあまり余計なことを言う必要はありませんので、
 最低限に留めておきべきと思います。

  午後からは、本格的な帳簿調査になります。ここからは、主に、経理
 担当者や税理士にヒヤリングする場合が多いですので、社長は退席されて
 もよいかと思います。
  
  初日に問題点を指摘される場合もあります。それについての会社として
 の回答を求められますが、すぐに回答する必要はありません。結論は、税 務調査が終了し、指摘事項がそろってからでもよいと思います。調査官も
 指摘事項や問題点を税務署に帰って上司と今後の対応につき協議します。

  2日目は、昨日に引き続き帳簿調査です。新たに指摘事項が発見される
 可能性もあります。

  2日目午後から、調査官は、指摘事項をまとめ始めます。指摘事項でも ハッキリ処理が間違っているものと、グレーゾーンのものとがあり、それ ぞれ指摘されます。会社としては、どう回答するのか、対応を税理士と協 議します。ハッキリ間違いのものは、認めるとして、グレー部分をどうす るのかですが、これについては税務署の意見にどう反論するか考えなくて はなりませんので、宿題にしてもらいます。

  これで会社での調査は終了ですが、後日、宿題の回答を求めてきたり、 追加質問がなされたりします。それらに回答する為、税理士と経理担当者
 で税務署を訪問しなければなりません。税理士単独でゆく場合もありま  す。この回答で税務署が納得してくれればよいですが、納得しないと、交 渉が始まります。つまり譲れるところと譲れないところを分けて、できる だけ譲れるところだけで如何にくいとめるかが税理士の腕の見せどころで
 す。

  最終的に合意ができれば、それに基づいて、税理士が修正申告書を提出
 し、会社が追加の税金を納めて終了となります。

 以上が税務調査の流れとなります。

 特に大阪市中央区で税理士税務調査についてご相談したい方は、一度
当事務所にご相談下さい。

a:1406 t:1 y:0
  

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

大阪市中央区 税理士、大阪市北区 税理士、大阪市西区 税理士、平野区 税理士、浪速区 税理士、八尾 税理士、東大阪 税理士、東成区 税理士、西成区 税理士、住之江区 税理士、阿倍野区 税理士、鶴見区 税理士、大正区 税理士、福島区 税理士、此花区 税理士、都島区 税理士、淀川区 税理士、西淀川区 税理士、東淀川区 税理士、旭区 税理士、天王寺区 税理士、生野区 税理士、住吉区 税理士、東住吉区 税理士、税務調査 税理士、大阪市 税理士、布施 税理士、堺市 税理士、門真市 税理士、松原市 税理士、城東区 税理士、日本政策金融公庫、大阪市信用金庫 店舗、大阪信用金庫 店舗、東税務署、西成税務署、東大阪税務署、生野税務署、個人事業 節税、住宅ローン、電子定款 大阪、個人事業 経費、介護事業 決算、中古車販売業 決算、税理士セカンドオピニオン、美容業 決算、人材派遣業 決算、会社をつくって節税、中古車輸出業 決算、リフォーム業 決算、飲食業 決算、